体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2017.10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2017.12

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××伊豆遠征××

宮古島の興奮の冷め遣らぬ中、実兄&悪友の3人で伊豆半島某所へハンティングに出かけた。

あいにくのにごりや魚影のが薄く、折角の大潮なのに大した成果は出せず・・・(泣




こんなダツを突いたり、ウツボを突いたり、ハコフグと遊んだりしました。
ちなみに夜になるとダツは光に向かって突進してくる、大変危険な魚のようです。
歯が怖いし・・・


突きの方はそんな感じではありますが、夏の風物詩「ソラスズメダイ(小さくて青い魚)」が大量に群れていて、それを見れただけでもヨシとしましょう。



080913-2.jpg

道中こんなものを入手したので・・・
※変な貝も混ざっていますが無視してください。


080913-3.jpg

翌朝の朝ごはんは、サザエご飯と磯汁です。





あ~~~~

早くリベンジしたい・・・

こんなポイントじゃないのに。。。




 

スポンサーサイト

××沖縄予行演習-壷××



半月後に迫った沖縄旅行のために、I田家と合同の予行演習を実施した。


ウチの子供達は、顔を水につけることもままならなかったが、ここ数週間 海 ⇒ プール ⇒ 海 と慣れさせていたおかげで、大分楽しめるようになってきたみたい。


あとは体調管理と天候だけが心配・・・



××海開き ××



やることも無いので、昼前に決断し、我が家の海開きを決行することとなった。

ガソリン高のせいか、行きは11時半出発、帰りは17時半現地発 だったにもかかわらず、渋滞ゼロですよ。

これはこれでいいかも・・・




さて海開き。


場所はいつもの壷。


子供達を浮き輪で沖に連れて行ったり、ほんの少し潜ってみたりした。

いつもの壷ではあるが、若干横にスライドした浜を新規開拓した為、獲物はそこそこ。



帰りはマグロを食べて帰りました。





そうそう、先日入手したスーパーミュー。


足の指の方が幅広の為、少し親指に痛みが出るが問題ないレベル。


推進力などはバツグンで文句のつけようが無い。

フルフットが初めてなので、脱着がまだスムーズではないが、慣れの問題だろう。



来月の沖縄まであと1回は行きたいな~








××スーパーミューを手に入れた。××




来るべき大イベントに備え、足回りの強化を行った。

昨年購入したジェットフィンレボは、あまり足にあわなかったため、昔から評判の良いミューフィン・ワープフィンに絞って検討していたが、スーパーミューなるものもあるということで、神田AQUOSに実地調査。

ミュー・ワープと比べて、ゴムに「粘り」のような感じがあり、なかなかヨサゲ。
フットポケット周りも強化されているようで、気に入ってしまった。

AQUOSは、6月○日(←忘れた)までは、かなり安いキャンペーン価格で売っていた為、いまこうして我が家にあるということだ。
※左上にある白い箱も池袋で購入。


080518-2.jpg


もぐりの性質上、岩場を歩かなければならないため、今までのフィンはブーツ&ストラップフィン であったが、今回初めてフルフットタイプを買ってみた。

上の写真のようにフットポケットをめくって・・・



080518-3.jpg


こうして履く!

今回はブーツもGULLで合わせていたため、遊び・アタリも殆ど無く快適!

早く実地検証したいところだ。

6月・7月に各1回づつは検証したいな~



××海の公園へ潮干狩り♪××




ず~~~~~~っと行きたかった潮干狩りを決行。


週間天気予報では、関東梅雨入りのため木~土曜日まで雨の予報であったが、生贄を捧げた結果、見事晴れと相成った。



I田家と2家族で8時過ぎに出発。



時期的にはアサリが大きくなってきて抜群のシーズンではあるのだが、世間一般的にはGWくらいが潮干狩りのシーズンとなっているようで、人手もそれほどでなく、迷子の心配もなく家族で楽しむことができた。


前回よりもやはり大振りなアサリが多く、なかなかの成果!



今回初めてマテ貝取りにもチャレンジして数本ゲット。

見てくれは中々キモイが、味は抜群!!!

アサリと一緒にバター&ワインで炒めていただきました。




このマテ貝取りが面白いのなんのって!


通常は、マテ貝の穴に食塩を適量入れると、マテ貝が潮が満ちてきたと勘違いし、穴からひょっこり頭を出したところをすばやくつかむというもの。


ベテランのおじさんがタッパにいっぱい取っていたのを盗み見ながら、塩もない我々はスコップで掘り進むという原始的なアプローチ。




中々見つからないものだが、数分たったところでそれらしき物体を手が探り当てる!


「ツカンダ!」


と半狂乱な漏れ。


千切れちゃいけないと数分の格闘の上がってきたのは、とてもマテ貝とは呼べないスゲェ気持ち悪い虫。。。

湯虫だったよ.....orz


これを「千切れないように!」なんて丁寧に扱っていたかと思うと本当に身の毛もよだつ。





その後気を取り直して本当のマテ貝を数本ゲット。


そして前述のとおりいただきました。




やっぱりハンティングは楽しいねぇ~~~





 | HOME |  »

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。