体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2006.05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2006.07

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××具志堅用高氏 亀田兄弟に苦言××

安易な世界戦に懸念 経験不足でもろさも
 東日本ボクシング協会副会長・具志堅用高氏

 亀田興毅君のここ何試合かは、内容は悪い。パンチできっちり倒したのではなく、相手が棄権したり、ローブローだったり、レフェリーが止めたり。ボクシングを普段見ない人は、KO(TKO)で勝ったら「強いのね」と思ってしまうけど、我々元ボクサーや現役選手で、彼を本当に強いと思っている人がどれだけいるだろうか。

 弱い外国人とばかり対戦しているのに、日本や東洋太平洋のランキングに押し込んだ日本ボクシングコミッション(JBC)にも問題がある。日本選手と戦わず、本来のフライ級はWBA、WBC(世界ボクシング評議会)とも王者が強いこともあり、1階級下げて空位の王座決定戦に出る。金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか。ボクシングの歴史から見たら、この現状は何だ。今度挑戦するWBAライトフライ級王座はかつて僕が持っていたタイトルだけど、彼と一緒にされたら困る。

 僕は亀田君のために厳しいことを言っている。彼は強くなる要素を持っている。体格はいいし、スタミナとパワーがある。スター性もある。だが、技術面はまだまだ。パンチを打つ順番が間違っていて、もろいところがいっぱいある。判定でも内容のいい試合はあるし、強い選手とやって負けたっていいじゃないか。経験を積んで強くなる。でも、テレビ視聴率のためには、そうはいかないのだろう。

 みんなに愛される選手になってほしい。今はチヤホヤされても、引退後はどうなるのか。会見や計量で相手をにらみつけたり、挑発するような言動は慎むべきだ。ボクシングは選手が命がけで戦う素晴らしいスポーツ。ボクサーはリングの外では紳士であるべきで、やっていいことと悪いことがある。協栄ジムは教育すべきだ。二男は試合後にリング上で歌うけど、僕がJBCにやめさせるよう求めたら「テレビ局の意向だから」。特別扱いせず、やめさせないといけない。

 3兄弟とも父親を尊敬している。今の若者にしては珍しいし、素晴らしいこと。彼らの人気はボクシング界にとってプラスだ。だが、このまま相手を選びながら内容の悪い試合を続けていたら、いつか人気は冷める。人間性を磨き、試合内容が良くなれば、亀田3兄弟ブームは続くと思う。

反撃w
 ↓

亀田陣営が具志堅用高氏に謝罪・説明要求

 8月2日にWBA世界ライトフライ級タイトルマッチに臨む亀田興毅の所属先の協栄ジムの金平桂一郎会長と父・史郎トレーナーは27日、記者会見を開き、新聞紙上で興毅について批判的なコメントをした具志堅用高氏の「金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか」などとする発言を「事実無根」とし、謝罪か説明を求めることを明らかにした。具志堅氏から何らかの謝罪・説明がなければ、今後、トーナメント以外での具志堅ジムとの試合の交流を取りやめるという。

 協栄ジムOBで興毅が狙うWBA世界ライトフライ級王座を13回防衛した具志堅氏は、「弱い外国人とばかり対戦しているのに、日本や東洋太平洋のランキングに押し込んだ日本ボクシングコミッション(JBC)にも問題がある」などと新聞紙上でコメント。金平会長は「これから命のやり取り(タイトルマッチ)をしようとしている後輩に愛情のかけらもない」と話した。金平会長は、具志堅氏が東日本ボクシング協会副会長として発言したことも問題視している。
(スポーツナビ) - 6月27日22時15分更新
スポンサーサイト

××ひまわりバイキング♪××

himawari.jpg


父の日という事でひまわりを貰った。

最近は娘がふざけて「おとうさーん」なんて呼んだりもするが、そういえば父親なんだよなー。。。 と改めて実感。

大きな責任と喜び。

「よーしお父さん大盛り頼んじゃうぞ!」

××帰国事業××

ibe.jpg


大学時代の友人2人と飲む。
2人とはスキー仲間。
1人はNZ永住だが、1年に1回位は帰国事業で帰ってくる。

隣の合コンテーブルを肴に仕事の話等で盛り上がった。
もう31だからなー。

大人になったもんだ。

××リアルストⅡ ××

昨晩嫁を相手にリアルストⅡをやった。

波動昇龍拳から待ちガイル、ヨガフレイムまでフルコースをお見舞いした。
※和室だとサマーソルトなどの回転技も使えます。

ローリングクリスタルフラッシュ(ゴロゴロ転がって爪でザクッとやるヤツ)を繰り出したところ小キックで削られるというシーンの再現にも成功。
小キック担当は嫁。

どこで覚えたのか「You Win!」なんて台詞まで自主的に出す始末。
全く持って出来た嫁だ。


我が家の夜はこうして更けていく。

 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。