体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2007.07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2007.09

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××【FIRE POWER】 総合火力演習 【2007inFuji】××



本日は待ちに待った総合火力演習!
(以下総火演)


総火演は、陸上自衛隊の最大のイベントで、実弾を3億円分も使った(3億円分の実弾を処分するのには、その3~4倍の費用がかかるといわれている)大規模な演習で、その希少性からチケットもプラチナ化しているくらい。

抽選には落選してしまったが、何と悪友の義父(元カーネル)より、赤チケ&駐車場券を頂くことが出来、晴れて8月26日を迎えることが出来た。
なんと感謝してよいやら。

お土産でも買って帰ろうかと思ったものの、「爆撃まんじゅう」とか「撃カレー」とか買って行っても、元カーネルには迷惑この上ないと思い断念。
お礼は別の形でさせていただこう。


演習自体は10時過ぎからとなっているが、良いポジションをゲットするべく4時半に東京を出発。

現地入りは7時半前くらい。

既にEスタンドは、ほぼ埋まってしまっていたが、招待席であるCスタンドは最上部が埋まった程度。

小走りで上から2段目の端っこをゲット。

お蔭様でよいポジションから観覧することができました。


観覧席は、会場に近いシート席と、遠いけれど全体が見渡せるスタンド席の2通りあり、一般スタンド席の最上部とシート席の最上部は5時台には埋まっていたよう。

なんでも前日22時半から場所取りをしている人も・・・



何はともあれ、天候も良く心配されたプログラム変更も無く、初めての総火演を存分に楽しむことができました。

実弾射撃の迫力は本当に凄く、心臓に衝撃を感じるくらい。



目標だった90式のファイアボール撮影はかなわなかったが、これは次年度以降の目標ということで。



実際に見てきたものは中々言葉で伝えることが難しいので、写真で紹介。







sokaen01.jpg


明日にも前防衛大臣となると言われている小池ゆり子防衛大臣も来場!
開場からは拍手喝采で迎えられる。


sokaen02.jpg


F2支援戦闘機の地上爆撃から演習はスタート!
「最新鋭の・・・」の紹介で、会場からは失笑が漏れるw


sokaen03.jpg


タイミングを合わせて、空中で富士山の形に砲弾が爆発!
高い技術力が必要な技。

あっぱれ!


sokaen04.jpg


対戦車ヘリコプター、AH-1S:通称コブラの対地射撃。
これはこの間行った朝霞でも見たね。


sokaen05.jpg


チヌークに紐で吊り下げられながらの離脱w
これ凄い怖いと思う・・・
※4人ほどが吊り下げられながら、地上を89式で警戒。


sokaen06.jpg


会場左手から90式戦車の小隊が入場!
タイミングが難しく、こいつのファイアボールが撮れない・・・
まぁそう簡単に撮れるものでも無いらしいのだが。

他のと比べても、圧倒的にタイミングを取るのが難しかった。
※74式も同様


sokaen07.jpg


3,000メートル上空からの空挺降下!

パラシュートが青空に映えるね!
お客さん受けが一番良かったかも。


sokaen08.jpg


ヘリからメガクルーザーがァッ!
恐るべき搬送能力。


sokaen09.jpg


対戦車誘導弾の決定的瞬間!
今回のベストショットか!?


sokaen10.jpg


こりずに90式を狙う。。。
撃ちそうな瞬間から連射で狙うのだが、うまくタイミングが合わないのだよ。


sokaen11.jpg


ついに登場!
総火演初登場のAH-64D:通称アパッチ!

登場だけとは聞いていたものの、本当に出てくるだけとは思わず、シャッターチャンスを逃した。
くそう。


sokaen12.jpg


最後に全部隊でドガ~ンとやって終了~。

本当は花火みたいできれいなエンディングです。



演習終了後には、装備品展示や音楽隊による演奏などもあるのだが、駐車場までのバスがヤバイくらい混むというのを聞いていた為、終わった瞬間に撤収。

おかげで15分ほどしか並びませんでした。




今回は初めての総火演だった為、勝手もわからず撮影も今ひとつだったが、その迫力を存分に肌で感じることが出来た。

練馬の基地祭もいいけど、やっぱり実弾の迫力は凄い!

来年は葉書をたくさん出して、まずは青チケットを確保。



そしてあわよくば・・・



スポンサーサイト

××【BLAM】 SHINOBI STYLE 【CQB】××




3回目のBLAM夜定例。


メンバー5人に加え、ライバル会社関係からも5人、そして常連さん4人が加わって14人という規模のBLAM。


インドア、そして夏ということもあり

・MP5Kチャージャー(GAS)
・9mm拳銃(GAS)
・電動スコーピオンVz61
・電動USP


の4丁を用意。

電動がこの2丁だとバッテリーの用意が楽チン♪

ものの30分もかからずに終了よ。




チャージャーを打ったところ、まぁ真っ直ぐに飛ばないことw


右にゆる~いカーブを描いてくれます。

でもこの銃はゲームで勝つ為の銃ではないので、問題なし。



そして今回はSHINOBI STYLEのデビュー!

この間のTシャツ頭巾&アンダーアーマー&地下足袋というスタイル。






これで隠密行動を・・・ と思ってはいたのだが、







何と足袋の底にBB弾が詰まる詰まるwww









ジャリジャリ歩いたよ。







肝心のゲームはまずまずの戦果か。


イカしたモディファイド・プローンの写真は保存し忘れてしまったが、積極的に前に出れたのでヨシとする!



最後のほうはUSPメインで遊んだが、室内ではコンパクトな銃がやっぱり最強かと。



そしてゲストの持っていたショットガンに惚れた。。。






ガシャッ!  パスン!






って撃ちてぇぇぇ~~~!!!









しかし兆弾の多いフィールドだ。
2回もやられたよw

でもスゲェ楽しい♪



××東西線冷えすぎ××

キンキンに冷えてて、骨まで寒いwww

××【大発見】 9mm拳銃 & 電動USP 【CQCホルスター】××




電動USPと9mm拳銃のメンテナンスをしたいたところ、





「この2丁、結構にてるな~・・・」




試しにUSP用のCQCホルスターに挿してみるか・・・

あくまでも試しにだよ










「カチャン!」












え・・・・?????????









usp9mm070818-2.jpg





バッチリ入ったwww




しかも若干グラつきのあるUSPよりもガッチリホールドしてるw





前にも書いたとおり、このCQCホルスターというのは硬い樹脂で出来ており、ガッチリホールドできる代わりに、非常に汎用性が低く、専用設計となっている。

本来であれば、SIG P220/P226/9mm拳銃用というものを、別に買わなければならないのだ。



それがこんなにガッチリはまるなんて、なんてお買い得なんだ!


しかも自分で所有しているメインのサイドアーム(←変な日本語)の2丁にそれが当てはまるなんで、何てミラクル!







凄いお得感でいっぱい。



××メインディッシュ 伊勢海老!××




メインディッシュは尺物の伊勢海老!






ぷりんぷりんでした。








××超特大! 天然岩ガキ××




我が家で催される、ささやかなパーティーのオードブル用に岩ガキを取り寄せた。

「特大!」指定で頼んだところ、本当に特大の岩ガキが届いて半狂乱のオレ!!!
















長径19cm 重さ800g以上!













800gって言ったら、カレーの大食いでもなかなか厳しい量だぞオイ!

とてもオードブルってレベルじゃないぞ。







子供の頭ぐらいある!



そして大人の手のひらよりもデカイ!







幅もあり、文句無く立派な岩ガキだ!






早く開けたい~♪



××【高野連】甲子園-戦争を想起させる学ランは不適切【理解不能】××

「戦争想起」に過剰反応? 甲子園で学ラン“封印”宇治山田商応援団

 第89回全国高校野球選手権大会で、16日に佐賀北(佐賀)と引き分け再試合を行った三重県代表、宇治山田商業の野球部応援団が、県大会決勝まで続けてきた学ランと「日の丸」の鉢巻き姿での応援を甲子園で“封印”していたことがわかった。「戦争を想起させる学ランは不適切」との投書がきっかけで、県高野連と同校が協議し、急遽(きゅうきょ)トレーナー姿での応援に変更した。同校では「大会中に終戦記念日もあるため配慮した」としているが、OBなどからは「過剰反応なのでは…」と反発の声も上がっている。

 関係者によると、同校は7月の三重県大会決勝まで、応援団の男子生徒ら11人が黒い詰め襟学ランに、「必勝」と書かれた日の丸鉢巻き姿で応援。このスタイルは昭和53年の第60回選手権大会で甲子園に初出場したときから続けてきたもので、同校の普段の制服も詰め襟という。

 ところが、今年の県大会決勝後、「学ランはもともと海軍の軍服。高校野球という舞台で戦争を思い起こさせるのは不適切だ」などと指摘した投書が県内の別の高校に届き、県教委が同校に連絡。

 同校と県高野連が協議し、県高野連が「やめておいた方がいいのでは」と助言し、同校も白地に校名の入ったトレーナー姿に改めるとともに、日の丸の鉢巻きも取りやめることを決めたという。

 同校の教諭は「私自身もOBで、学ランで甲子園に来た思い出があるので名残惜しいが、大会期間中に終戦記念日もあり、繊細な問題なので断念した」。鈴木光一校長(57)は「私自身が直接指示したわけではないが、熱中症の心配もあり取りやめた方がいいと以前から思っていた。高野連からは、あくまでアドバイスをいただいたと思っている」。

 一方、柴原高雄・三重県高野連理事長は「甲子園出場前に学校と協議の場を設けたのは事実。ただ応援の仕方を説明する中で、『暑いのでやめた方がいい』と話しただけ」。高校野球大会本部は「学校が個別に判断すべき事柄なのでコメントできないが、高野連から指示を出したことはない」としている。

 こうしたチグハグな対応について、同校の応援団やチアリーダーらは「学校側からは戦争をイメージするたからダメだと言われただけ。学ランで汗をかくことで、グラウンドの選手と一体になれたのに…」。スタンドに来ていたOBの男性会社員(37)も「学生服として定着しているのに、今さら戦争の話を持ち出すのはおかしい」と学校側の“過剰反応”に首をかしげる。



本当にこの「高野連」はどうしようもない。
腐ってる。

全くもって意味不明。

いったい何がしたいのだろうか?

ちょっと前の特待生制度のときも、初めて知ったような顔してたし。




そしてそれを受け入れる学校側の事なかれ主義。
これも最悪。

甲子園は子供たちが頑張って出場権を得て挑む晴れ舞台なのに、なぜ大人たちが邪魔をするのか。

いつから平気で嘘をつくようになってしまったのか。





数年前にも同じような事件があった。







祭りの装束は駄目。奇異な服装は禁止している

 一九九四年、甲子園。エイサーの衣装で県代表校の応援に駆け付けた関西在住の県出身者らが、「奇異」や「華美」だとして日本高校野球連盟から自粛を求められた。


 日本高野連は、応援の規則や指針を引き合いに「沖縄文化の否定ではない」と繰り返したが、「奇異」という表現をめぐって論議がわいた。

 「本音だったと思う。そりゃ、悔しかったですよ」。当時、日本高野連に質問状を出した「関西沖縄青年の集い・がじまるの会」の金城馨さん(51)はそう話す。

 甲子園でのエイサーは、日ごろ機会がない“沖縄”の表現だった。踊ることで、郷土を共感していた。選手には誇りを伝えたかったし、選手からは逆に勇気をもらった。金城さんは「文化を否定されることは、個を否定されることです」と語る。  @沖縄タイムス



民族衣装で応援なんて素晴らしいじゃないか。

こういうのも全国からチームが集まる甲子園の醍醐味として考えられないのだろうか。


  



まさに老害


××猛暑 お盆なのに・・・××




クライアントの本社前から。







ι(´Д`υ)アツイー



今日もスーツで働きます。





××SVGの準備 バッテリーの充電地獄××




週末のSVGに備えて、ボチボチ準備を始めるとする。


準備といっても、バッテリーの充電のみ。

電動ガンはハンドガンを含め、4丁しか持って行かないのだが、運悪くバッテリーの種類が全部違う為、それぞれ2個くらいづつ充電をしていくハメに・・・

ここのところニッケル水素化が進んできた為、放電の呪縛からは逃れられつつあるが、それでもコレだけのバッテリーを充電するのは骨が折れる。


万が一液漏れなどで発火などしようものならエライ事になるので、じっと近くで見守らなければならないのだ。



まぁそれだけなんだけど。


××いざ荒川花火大会へ××




地元で一番のイベント、荒川花火大会へ行って来た。


友人のM国一家とN勢一家もあつまり、ワイワイがやがやと楽しめました。


花火大会といえば、今までで一番感動したのは、志賀高原の大蛇まつり。


小さな池で行うイベントなので、頭の真上の低いところで花火が展開され、その迫力たるや相当なもの。
たいした宣伝もしないからすいてるし。



いつか家族で行ってみたいものです。




××嫁いで行くものたち・・・××




XTAX購入資金調達と、○ちゃんのスキルアップを目指して贈呈するもの一覧。


銃はコクサイのP220というガスガン。


自衛隊の9mm拳銃の元になっている銃で、タナカの9mmを購入するまでの間、つなぎで使用していたサイドアームだ。



嫁いでゆくので、動作チェックをかねて弾速測定。




1回目:79m/s
2回目:76m/s
3回目:78m/s






うは~ 結構出てるw



タナカの9mmが70m/sチョイだから、こいつは中々良い。



嫁ぎ先で新しい主人を守ってやってくれ!!!




××HATCH XTAX400 OD××




冷やかしも悪いので、仕方なく前から気になっていたHATCHのXTAXというニーパッドを購入。

4Kほど。



このXTAXは、名前のとおりX型をしており、全体的に軽量化と小型化が図られている。


また、膝を包み込むように湾曲している為、ズレを最小限に抑えることができそうな感じ。


素材はcoolmaxを使用しており、蒸れ対策もバッチリ。


膝と接する箇所の中央には、ゴム?のような素材が使ってあり、これもズレ防止に良さそう。




最近SVGを始めた○ちゃんに、今まで使用していたHATCHのセンチュリオンセット、コクサイのP220などを売りつけ資金とした。


○ちゃんは本日サイトーさんで作業服3型(自衛隊迷彩の最新型)を注文!





ウラヤマシス!





イイ感じに嵌ってきたw




××【新規開店】 ECHIGOYA 新宿店 【H小屋】××




会社帰りに、8月1日にオープンしたばかりのECHIGOYA 新宿店に○を伴い寄ってみる。

パトロールの一環。



地図を見たところ、新宿よりも大久保のほうが近そうだったので、大久保駅から徒歩で向かう。

7~8分ほど歩き、汗だくになったところで目印の黄色い建物が目に入る。


百人町交差点にあります。




秋葉原店と同じく、入店するや否やアメを口に放り込み物色。


1Fは装備品関連、2Fはガン関連。

3Fにはシューティングレンジもできるらしい。



店員は秋葉原店で見た顔もチラホラ。
当たり前か。




オープン特価で、KSCのガスガンが50%とかやっていたが、あまり魅力的なものがない。


全体的には秋葉原店より狭く、パーツ類の商品数が少ない感じだが、1Fの装備類はそこそこ充実。






そんな感じ。


 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。