体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2008.07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2008.09

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××宮古島へ行ってきました××

地元の友人達と、3家族合同で宮古島へ行ってきました。
みんなバスケチーム(以下ベンチ)の仲間なのですが、もう何年も前から「みんなで宮古島へ・・・」と言っており、ついに実現したというわけです。

ベンチも発足してはや14年?くらい経っており、その間に結婚~出産など、様々なイベントがありました。

今こうして、3家族13人で旅行が出来るようになり、いろいろな思いが巡ります。
ちなみに、大人6人、子供7人。
すでに人数では逆転されました。
※少子化にも貢献しております。

昼は大人・子供共に目一杯遊び、夜はBBQやUNOなんかもしながら飲み明かす。
本島に最高の4泊5日でした。

帰ってきてから数日間は、社会復帰が出来ずに、「どうすれば宮古に戻れるか」ばかりを考えていました。

  「送ったお土産が割れていたら、文句を言いに行くか・・・」とか。


今でもチャンス(とお金)があれば、スグにでも飛びたい気分。

次は3年後の予定。
宮古島貯金を始めよう。




旅の思い出に、いくつか写真を載せていきます。




ついに降り立った、宮古の地に!

宮古空港は、その造りも琉球調で、いやが応にも盛り上がりますとも。


P1040894.jpg
宿泊は貸し別荘を丸ごと借り切る事ができました。
別荘へもう着こうかというあたり、ここで海が見えて興奮も最高潮!

この海が高く見える景色、好きだな~
次に来た時も、きっとこの景色で盛り上がるだろう。



P1040899.jpg
お世話になったヴィラ・インギャー。

広い敷地で回りに民家が無い為、子供を連れて大騒ぎできます。
管理人の方もとても親切で、宮古島マンゴーをどっさりいただいたりしました。
宿にはシュノーケルなどの海遊び道具、BBQ道具などが完備しており、屋内にはピアノ・天体望遠鏡、パソコンなどもあります。
ここに泊まれたのも、今回の旅が最高の思い出になった大きなポイント。

良く見ると、屋根にもシーサーが1体。


P1040805.jpg
何故かマツダレンタカーで借りたホンダステップワゴン。

M国家、我家、そしてこのレンタカーで、3世代のステップワゴンを制覇!
規定以上に活躍してくれました!





スポンサーサイト

××宮古の空××

まずは宮古の大きな空から!



宮古空港近辺 その1


P1040772.jpg
宮古空港近辺 その2


P1040902.jpg
宿の庭から


P1050123.jpg
那覇本島 首里城の空。


××宮古の海××

これらの海を前にして、コメントは必要ないでしょ。
場所の説明だけ。



池間のグラスボードから その1


P1040862.jpg
池間のグラスボードから その2


P1040868.jpg
池間のグラスボードから その3


P1040933.jpg
東平安名崎


××東洋一の白い砂浜-前浜××


この小さな丘を越えると、憧れの前浜ビーチへ!


P1050004.jpg
波の影響で、残念ながら若干の濁りが・・・


P1050008.jpg
夕暮れ前に1時間。
濃い時間を過ごしました。
1時間でも十分に遊べる。


P1050048.jpg
白くて細かくて、はだしで歩くのが最高のビーチ。
歩くたびに音が鳴りそう。


P1050033.jpg
そして最高の笑顔たち。

君達と一緒で本当に楽しかった。



××ヴィラ・インギャー周辺の景色××


4日間お世話になったヴィラ・インギャー周辺の景色。
ここは本当に最高の宿でした。
初めての沖縄旅行がここでよかった。


P1040785.jpg
2階バルコニーからインギャー・マリンガーデン側の眺望。
ずっと沖まで底が透けて見えます。

下に見えるお庭も全部貸切。


P1040782.jpg
マリンガーデンの左側、外海。



P1040783.jpg
さらに左へ目を動かすと、堤防がありました。



P1040808.jpg
さらにさらに左へ。
水平線と海の青さのコラボレーションや~。


××宮古そば-沖縄そば××

宮古そば、沖縄そばは、卵・乳製品アレルギー持ちの我が娘達も食べることができる為、旅行中のランチはほぼ宮古そば。
M国家の皆様、お付き合いいただいてありがとう。
娘達もみんなと同じものが食べられてうれしそうでした。

宮古そばは、まず量が多い。肉がデカイ!

そして、基本的にどこでもおいしい!!!



「丸吉食堂」のソーキそば。
一番最初に食べた宮古そば。

ここのそばが、一番独特感があった。
にんにくも良く効いていて、臭みがたまらない。

そば類を頼むと、漏れなく自家製の黒糖キャンディーがついてくる。
これがまた最高!


P1040793.jpg
同じく「丸吉食堂」の三枚肉そば。


P1040892.jpg
池間大橋のふもとにある「海美来(かいみーる)」の宮古そば。
隠し味は、最高の景色。


P1050079.jpg
那覇本島の「亀かめそば」の軟骨そば。
ホテルへの移動中に見つけた入ったお店。
製麺所がやっているお店みたい。

地元の人が非常に多かった為、期待値は非常に高かったが、これが大正解。
北京五輪の韓国戦を見ながら食べました。

なんだか葉っぱみたいなものを別ざるに乗せて、そばと一緒に食べている人もいました。
あれは何かな?


××名所めぐり××


池間大橋
池間島から遥か宮古島を望む。


P1040948.jpg
絶景ポイント「東平安名崎(ひがしへんなさき)」
宮古島から突き出た地形の奇跡。


P1040961.jpg
その最先端近く。
台風12号の影響で、風と波が凄かった・・・


P1050119.jpg
本島に移動して首里城へ。
まずは守禮門。


P1050132.jpg
首里城


P1050165.jpg
ちょんまげ


××出会ったシーサー達××


那覇本島のシーサー その1
手元の毬には三つ巴の紋。


P1050090.jpg
那覇本島のシーサー その2
ちょっとしたビル・マンションにもシーサーがいます。


P1050091.jpg
那覇本島のシーサー その3
足太っ!


P1050092.jpg
那覇本島のシーサー その4
どこかのホテルだったかな?


P1050114.jpg
那覇本島のシーサー その5
シーサー&SECOMで防犯バッチリだ。


P1050140.jpg
首里城のシーサー その1


P1050141.jpg
首里城のシーサー その2
素朴な感じもまたヨシ。


P1050191.jpg
国際通りのお土産屋さんにいたシーサー
凄い怖い・・・
でも雰囲気が出ていて、凄く良い。


P1050192.jpg
国際通りで見つけたシーサー
結構好きなタイプ♪ カッコイイ。


P1050205.jpg
モノレールの駅で見つけたシーサー
脇に子シーサー抱えてます。


P1050208.jpg
那覇空港のシーサー


P1050210.jpg
那覇空港の子供広場。
これもシーサー たのし~さ~


P1040916.jpg
宿のシーサー
いい味出てます。


CA3A0108.jpg
そして我が家に迎え入れたシーサー達。
国際通りのシーサー専門店で出会いました。

もう少し小さなのを連れて帰る予定でしたが、力強い目と表情に夫婦で一目惚れしました。
妥協するようなものでもない気がして、思い切って連れて帰ることにしました。

今は賃貸マンションなので、玄関の狭いスペースで我慢してもらう。

将来建てる予定の家に設置するのが今から楽しみ~♪


CA3A0109.jpg
何ともいえない表情。

大海陽一さんという作家さんの手捻り作品。
結構人気が出てきた若手の作家さんで、オーダー物は半年とか待つようです。

いろいろと調べてみようかな。

ちなみに、一番最初のシーサーと同様、胴体部分に巴紋が彫られている。
ちょっと調べてみたところ、巴紋は尚王家の家紋で、王国時代には琉球国の国章のように見なされていたようです。
本土でいうところの菊紋みたいなものか。
首里城での勉強が少し役に立ったw




色々なタイプのシーサーがあって面白い。
こういったところに注目して旅をするのもいいかもね。


××その他画像××


どこかで見つけたバナナ♪


P1040879.jpg
池間でお世話になったグラスボード
今思い出してもシャコ貝の件が惜しまれる。。。
3年間は引っ張りそうだ。


P1040806.jpg
泡盛メーカーその1


P1040789.jpg
泡盛メーカーその2


P1040790.jpg
宮古の自動販売機

さんぴん茶、マンゴードリンク、シークワーサーと、東京では目に出来ないドリンクがずらり!

こういうのも懐かしいな~


13095.jpg

浜で見つけたカッコイイ銛漁師の人。



××沖縄予行演習-壷××



半月後に迫った沖縄旅行のために、I田家と合同の予行演習を実施した。


ウチの子供達は、顔を水につけることもままならなかったが、ここ数週間 海 ⇒ プール ⇒ 海 と慣れさせていたおかげで、大分楽しめるようになってきたみたい。


あとは体調管理と天候だけが心配・・・



 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。