体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2017.09 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2017.11

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××油壺リベンジ フグとベラとエビの競演××

前回の手長&メバル釣行はダボハゼをひたすら釣るという企画に成り下がってしまったため、今回は満を持して実績のある油壺へ。

いつもは胴網なのだが、今回は新規開拓で隣の荒井浜へ。

予定では

6:00 出発

8:00 現地着 まずは砂浜でキス&メゴチ爆釣。

10:00 岩場(東大臨海研究所下)に移動し、五目釣り。
なぜかメインのベラを筆頭にメバルなども混じり爆釣。

12:00 お昼&休憩

13:00 素潜り開始
サザエ・アワビなどが群生しているポイントをハケーン。

15:00 現地出

とまぁこんな感じ。



まずはキス&メゴチ狙いでちょい投げ釣り。

のんびりと準備するSを尻目に到着から1分で第一投目。

すると早くも竿先に「ブルブル」っと心地よい振動が!
ここで満を持して例のセリフを叫ぶ


「フィィィーーーーーーッッッシュ!!!!」


決まった・・・

釣れてきたのはフグ。食べれない。

気を取り直して2投目。フグ。
3投目。フグ。
4投目。フグ。
5・・・ (つづく)



恐ろしいほどフグが釣れる。
あとベラ一匹。

餌と仕掛けがもったいないので、早々に岩場へ移動。
早くも予定が激しく狂ってきた。

ただ釣れればとりあえず楽しい。


で、岩場。

こっちでは新種の巨大ベラが次々と上がってきた!

でかいのはおそらく 「オハグロベラ」
そのほかに 「キュウセン」「ニシキベラ」 など、さながら 「ベラ」 のデパートだ。
参考サイト

とくに巨大な「オハグロベラ」は胴網では見たことも無かったので、その大きさと引きの強さに酔いしれた。
でもクチバシがこえぇ。。。


一段落着いたところで日も出てきたので念願の素潜りへ。

今回はウエットスーツと手銛を新調しやる気満々だ。

颯爽と着替えダ~イブ!

なるほど砂浜の横だけあって岩地に砂が入り込んできている。
貝類はあまり期待できそうも無いかな。

しばらく潜っていてナマコが落ちていたので激しくゲット!
赤・黒あわせて約10個。
いいお土産ができた。

時間を置いて2本目。
何と伊勢エビの巣を発見!サイズは小さいが2人暮しのようだ。

そっと手を伸ばすとそれぞれ別の岩穴へ逃げ込み離れ離れに。

片方の伊勢エビに集中し格闘を開始。
敵も然る者穴の奥へ逃げていってしまい、また穴が小さいため手が入らずお手上げ。

だがここであきらめるわけにはいかない。
グローブをはずしてみるとギリギリで手が入る。
その手の先にはかすかに伊勢エビの感触が!
人差し指と中指の二本で伊勢エビを引き出すという難行。
当然中では一生懸命踏ん張るのでなかなか出てこない。
当たり前だ、つかまったら食べられちゃうもんね。

こんなやり取りを約4Mの深度でしつこく20分。
敵の体力もだんだん消耗しついにゲット!


「捕ったどー!!!!」


お刺身でおいしくいただきました。


あと一本目で目の前に40cmオーバーの黒鯛が出現。
当然アタックしたがデカイのはさすがに硬い・・・

でっかい鱗一枚残して振り切られました。
最後まで貫通してなかったんだろうな~


今日は釣りも潜りもすごく楽しむことができた。
潜りの成果は今までに比べるとはるかに劣るが、新しいギアのお試しなども済ますことができ大満足!!!

また行きて~


今度は6月末に出漁予定。
次はあれだな。


スポンサーサイト

« 冷し五目蒙古のおいしい食べ方@中本池袋店  | HOME |  サポート付ベンチプレス »

COMMENT

××この記事へのコメント××
××コメントを投稿する××
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

××この記事のトラックバックURL××

⇒ http://karadaijime.blog19.fc2.com/tb.php/103-f9d875b8

××この記事へのトラックバック××

 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。