体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2017.06 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2017.08

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××ミニ電動ガン STEYR改××



夜の近距離戦向けにメインアームを購入。

今まではスーパーガンで購入した300円の「SIG P230」という何とも微妙なエアコッキングで遊んでいたが、何しろ一発ごとにカシャコンしなくちゃならないとか、1日に数回マガジンを落とす とかで使い勝手が非常に悪かったのだ。

カシャコンしながらもそれなりの戦果を収めてはいたのだが、電動ガンBOYSや10禁電動ガンを駆使する連中に対抗する為、ミニ電動ガンを購入した。

それでも2,100円。

なので、今回は思い切って分解→改造 を行ってみた。

今回の改造点は下記の通り
・自作BOXマガジン搭載
・消音カスタム
・セフティ機構カット
・フォアグリップカット
・レーザーポインター装着

といったところ。

特に「自作BOXマガジン」は我ながら秀逸。
このミニ電動ガンシリーズは、70発前後の装弾数なのだが、このSTEYRは170発の代物。
しかしそこで満足せずに、ペットボトルを改造したBOXマガジンを搭載する事により、1000発overの装弾数を実現。
これでオキシライドが切れるまで撃ちまくれるぜ!
実際の装着方法は、まずスコープ型のBB弾入れの一部を思い切ってカット。
そこに小さいペットボトルの蓋に穴を開けたものを、アロンアルファで装着。
蓋だけ装着したら、あとはBB弾をたっぷり入れたペットボトル本体を、蓋を閉める要領でねじ込むだけさ。
なんてナイスなアイデアだ。

消音カスタムは、全分解した際にスポンジを詰め込んだだけの簡単なもの。
このミニ電動ガンシリーズはとにかくうるさい。
もうハンパない。
なので、この消音カスタムを施したのだが、これが殆ど効果ナシよ。

次にセフティ機構のカット。
このセフティ機構は、右手で構えた際に親指でレバーを下げながらじゃないとBB弾が発射できないという安全装置。
しかし、左手で打つ場合に非常に使いづらかったり、咄嗟の時に反応が遅れるという点から、機構ごとカット。
レバーの穴をレーザーポインターのスイッチでうまい事塞ぐ事が出来た。

ミニ電動ガンシリーズは、パワーも0.1J以下と、とても弱いものだが、これで十分遊べるのさ。
しかも安いからぶっ壊しても大丈夫。
なので、今回初めて電動ガンを全分解し、機構を知る事が出来たのは、とても良い経験だ。

早く実践デビューしたいぜ。



スポンサーサイト

« 転落防止装置  | HOME |  32年生きました »

COMMENT

××この記事へのコメント××

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
××コメントを投稿する××
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

××この記事のトラックバックURL××

⇒ http://karadaijime.blog19.fc2.com/tb.php/391-827ed005

××この記事へのトラックバック××

 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。