体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2017.10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2017.12

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××深海ヤバイ××

20070217STXKG0211170220071F.jpg


巨大イカの生態映す、国立科学博物館

深海にすむ巨大なイカ「ヒロビレイカ」が獲物を捕らえる姿や、腕の先端から光を放つ様子を、国立科学博物館の窪寺恒己動物第三研究室長(海洋生物学)らの研究グループが、ハイビジョンカメラで撮影し、17日までに発表した。このイカの生きた姿をとらえたのは初めてという。

 イカは体長が1メートル以上ある成熟した個体で、2005年秋に小笠原諸島・父島の沖、水深約240―940メートルで撮影された。

 ヒロビレイカは餌のイカを攻撃する際、獲物の手前で腕をいっぱいに広げ、腕の先端にある発光器をピカッと光らせた。その後はイカに突進し、体をよじって身を反転させ、すべての腕で抱えるように捕らえたという。遊泳速度は秒速約2―2.5メートルで、方向転換も非常に素早かった。〔共同〕 (21:45)





Virginグループの創業者リチャード・ブランソンや、ホリえもんなど、「成功」した人たちは宇宙開発に情熱を燃やすが、まだまだ未知の領域が多い深海のほうがもっとヤバイ。


きっと見た事も無い生物や海底人などが・・・・

   



(;´Д`)ハァハァ



でもこの間NHKで「ダイオウイカの姿を捉えた!」とかやってなかったっけ???

深海はイカ天国なのかな。

スポンサーサイト

« 頑張れ消費者  | HOME |  ダーツの世界へようこそ »

COMMENT

××この記事へのコメント××
××コメントを投稿する××
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

××この記事のトラックバックURL××

⇒ http://karadaijime.blog19.fc2.com/tb.php/469-e996a6ce

××この記事へのトラックバック××

 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。