体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2017.08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2017.10

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××【高野連】甲子園-戦争を想起させる学ランは不適切【理解不能】××

「戦争想起」に過剰反応? 甲子園で学ラン“封印”宇治山田商応援団

 第89回全国高校野球選手権大会で、16日に佐賀北(佐賀)と引き分け再試合を行った三重県代表、宇治山田商業の野球部応援団が、県大会決勝まで続けてきた学ランと「日の丸」の鉢巻き姿での応援を甲子園で“封印”していたことがわかった。「戦争を想起させる学ランは不適切」との投書がきっかけで、県高野連と同校が協議し、急遽(きゅうきょ)トレーナー姿での応援に変更した。同校では「大会中に終戦記念日もあるため配慮した」としているが、OBなどからは「過剰反応なのでは…」と反発の声も上がっている。

 関係者によると、同校は7月の三重県大会決勝まで、応援団の男子生徒ら11人が黒い詰め襟学ランに、「必勝」と書かれた日の丸鉢巻き姿で応援。このスタイルは昭和53年の第60回選手権大会で甲子園に初出場したときから続けてきたもので、同校の普段の制服も詰め襟という。

 ところが、今年の県大会決勝後、「学ランはもともと海軍の軍服。高校野球という舞台で戦争を思い起こさせるのは不適切だ」などと指摘した投書が県内の別の高校に届き、県教委が同校に連絡。

 同校と県高野連が協議し、県高野連が「やめておいた方がいいのでは」と助言し、同校も白地に校名の入ったトレーナー姿に改めるとともに、日の丸の鉢巻きも取りやめることを決めたという。

 同校の教諭は「私自身もOBで、学ランで甲子園に来た思い出があるので名残惜しいが、大会期間中に終戦記念日もあり、繊細な問題なので断念した」。鈴木光一校長(57)は「私自身が直接指示したわけではないが、熱中症の心配もあり取りやめた方がいいと以前から思っていた。高野連からは、あくまでアドバイスをいただいたと思っている」。

 一方、柴原高雄・三重県高野連理事長は「甲子園出場前に学校と協議の場を設けたのは事実。ただ応援の仕方を説明する中で、『暑いのでやめた方がいい』と話しただけ」。高校野球大会本部は「学校が個別に判断すべき事柄なのでコメントできないが、高野連から指示を出したことはない」としている。

 こうしたチグハグな対応について、同校の応援団やチアリーダーらは「学校側からは戦争をイメージするたからダメだと言われただけ。学ランで汗をかくことで、グラウンドの選手と一体になれたのに…」。スタンドに来ていたOBの男性会社員(37)も「学生服として定着しているのに、今さら戦争の話を持ち出すのはおかしい」と学校側の“過剰反応”に首をかしげる。



本当にこの「高野連」はどうしようもない。
腐ってる。

全くもって意味不明。

いったい何がしたいのだろうか?

ちょっと前の特待生制度のときも、初めて知ったような顔してたし。




そしてそれを受け入れる学校側の事なかれ主義。
これも最悪。

甲子園は子供たちが頑張って出場権を得て挑む晴れ舞台なのに、なぜ大人たちが邪魔をするのか。

いつから平気で嘘をつくようになってしまったのか。





数年前にも同じような事件があった。







祭りの装束は駄目。奇異な服装は禁止している

 一九九四年、甲子園。エイサーの衣装で県代表校の応援に駆け付けた関西在住の県出身者らが、「奇異」や「華美」だとして日本高校野球連盟から自粛を求められた。


 日本高野連は、応援の規則や指針を引き合いに「沖縄文化の否定ではない」と繰り返したが、「奇異」という表現をめぐって論議がわいた。

 「本音だったと思う。そりゃ、悔しかったですよ」。当時、日本高野連に質問状を出した「関西沖縄青年の集い・がじまるの会」の金城馨さん(51)はそう話す。

 甲子園でのエイサーは、日ごろ機会がない“沖縄”の表現だった。踊ることで、郷土を共感していた。選手には誇りを伝えたかったし、選手からは逆に勇気をもらった。金城さんは「文化を否定されることは、個を否定されることです」と語る。  @沖縄タイムス



民族衣装で応援なんて素晴らしいじゃないか。

こういうのも全国からチームが集まる甲子園の醍醐味として考えられないのだろうか。


  



まさに老害


スポンサーサイト

« 超特大! 天然岩ガキ  | HOME |  猛暑 お盆なのに・・・ »

COMMENT

××この記事へのコメント××
××コメントを投稿する××
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

××この記事のトラックバックURL××

⇒ http://karadaijime.blog19.fc2.com/tb.php/553-8a514e0e

××この記事へのトラックバック××

 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。