体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2017.04 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2017.06

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××学生起業××

会社の同僚が会って欲しい会社があるという。



なんでもWEB制作系の起業で、制作パートナーとして仕事がないかとの事。


会ってみて実績なども聞いたが、今ひとつピリッとしない。



いろいろと話を聞いてみると、何のことはない。





「実は僕達、が・・・学生なんです」




大学生が立ち上げた起業で、起業後まだ半年。


有名どころの学生が集まって、4人ほどでやっているらしい。




プレゼンでは「メディアミックス」とか言っていたのだが、今ひとつ重みがないと思ったらそういうことか。

当たり前だ。
経験が足りない。



ビジョンや強みを聞くと、新卒採用系の仕事をやっていきたいとの事。

なんだ、強みがあるじゃないか。

学生であることは別に弱みではなく、強みですらある。
隠すのではなくて、むしろ出していけばいいのに。





彼らは「メディアミックス」という言葉を使っていったが、いわゆる「メディアミックス」という言葉を使うのは非常に勇気がいる事で、本当の意味でのメディアミックスを実践できている企業はまだまだ少ないし、実践している企業の戦略は非常に高いレベルにある。


そんな言葉を無理して使わなくても、キチンと強みを出していった方が、よっぽど心に残るし分かりやすい。

学生ならではの視点、感性、若さをアピールした方が良い。


たまたま自分が採用関連の仕事をしていない為に、あえてそうして来たのかもしれないが、それであればターゲットを絞っていった方が良い。

ただのWEB制作屋にされてしまうと、あとは価格との戦いになって疲弊していく一方だから。

まぁ学生ということで、「価格面」でも強みがあるといえばその通りだが、そんなの先が見えないしね。




大学4年生の取締役と、大学2年生(留年決定済み)の2人組出来たのだが、学生だと言われなければ分からなかった。

この業界は若い会社が多いし、何しろ彼らはしっかりしていた。



成り行きから営業相談会のようになってしまい、彼らが行きたがっている会社に知り合いが居た為、紹介したりした。




自分が学生の頃には起業なんて考えもつかなかったし、そういう時代でもなかった。

そういった意味でも彼らをうらやましくも思う。



口うるさい三十路過ぎのオヤジの言う事に真剣に耳を傾け吸収しようとする。
そして「ありがとうございます!」と感謝の言葉。


若者も捨てたものでもないな、と嬉しくなった。



是非頑張って欲しい。













スポンサーサイト

« 脱出ゲー The Scarlet Room  | HOME |  通勤用グローブ »

COMMENT

××この記事へのコメント××
××コメントを投稿する××
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

××この記事のトラックバックURL××

⇒ http://karadaijime.blog19.fc2.com/tb.php/629-6ee290e6

××この記事へのトラックバック××

 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。