体苛め

子育てが落ち着いたらウェイトトレーニングとマラソンを再開するという野望。 → 無事マラソンは再開しました! 目標は高く、いつかはサブスリー!

2017.07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2017.09

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××Priea 無料写真印刷サービスのターニングポイント××

Prieaというサイトがある。


無料で写真などの画像を保存することができ、30枚の写真を月に一度、これも無料で印刷し配送までしてくれる凄いサービスだ。

実際には写真の半分が広告だったり、全面印刷であってもスポンサーのロゴが載ったり、まぁ媒体ビジネスなワケだ。


過去に一度利用したことがある。

広告も思いのほか気にならず、そればかりか写真&広告というシチュエーションにより、被写体がまるでモデルのような様相を呈し、スポンサーに対して親近感まで沸くという始末。

良く出来たサービスである。




そんなPrieaから、サービス仕様変更のメールが来た。


要点をまとめると、思いのほか会員数の伸びが速く、インフラ周りの増強が追いついていない状況なので、利用制限をするというもの。

これが凄い。


 ▼サービス変更内容
無料プリント注文の枚数を30枚/月1回(現状)⇒10枚/月1回(変更後)
 へ変更いたします。

 ▼サービス変更内容
 Prieaアルバムへアップロードできる容量上限を
 2GB(現状)⇒200MB(変更後)へ変更いたします。







プリント枚数は1/3、ストレージ容量については何と1/10ですよ(苦笑



自分自身はそんなに利用しているわけでもないが、この仕様変更はいくらなんでもひどすぎる。




会員数の制限をせずに今後もどんどん受け入れ、サービス自体の質を低下させていく。

本末転倒ではないか。



かつてニコ動が行ったように、会員数の制限⇒増強次第追加登録開始 とか出来ないものだろうか?



会員数の増加=媒体価値・媒体力 



というのは分からなくもないのだけれど。




かつてヤフーオークションが有料化へ移行した際に感じた難しさ。


ヤフオクは膨大なコンテンツを背景に成功を収めたが、Prieaはどうか?

ヤフオクと同様、脅威を感じるコンペティターは見当たらないが、それほど浸透している段階でもない。

会員数は35万人、一般媒体として力を発揮できるのは100万人からとも言われている。
しかし、Prieaはファミリーという切り口での詳細なユーザーデータを抱えてはいる。



そうなることやら。

今後の展開に注目。




スポンサーサイト

« 欝袋 ⇒ 福袋  | HOME |  デフの滑り解決! & リアサス調整 »

COMMENT

××この記事へのコメント××
××コメントを投稿する××
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

××この記事のトラックバックURL××

⇒ http://karadaijime.blog19.fc2.com/tb.php/665-8726a024

××この記事へのトラックバック××

 | HOME | 

プロフィール

三十路の人

  • Author:三十路の人

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。